完全独立自営の場合

希望の地域や、興味・関心から探すならこちら!

完全独立自営の場合

完全に独立して自営業を営むことは、やはり、ギャンブルに似た面を持っています。つまり、当たればデカイかわり、外れればすっからかん。
ギャンブルと違う点があるとすれば、運だけではなく、努力と研究が大いにモノをいうところです。

独立自営のいちばんのうまみは、自分で好き勝手に経営することができる点です。業種も、店の名前も、営業時間も、定休日も、みんな自由に決めることができます。
わずらわしい人間関係からも、かなりの部分、解放されます。

経営方針を決めるのも、その方針に従って経営するのも自分ですから、朝、思いついたアイディアを、その日のうちに実行することも可能。上司のハンコをもらったり、何度も会議にかけたりする必要はありません。
そして、そのアイディアがヒットすれば、全部自分のところに還ってきます。手柄を横取りされる心配もなく、ダイレクトに収入が増える喜びを味わえます。

自営業は、元手がなくても、店舗がなくても開業できます。
経営コンサルタント、フリーライター、小説家、私立探偵。その肩書きが入った名刺さえあれば、誰でもそう自称できます。もちろん、実際に収入に結びつくかは別問題ですが。

うまくいったときの喜びが大きいかわり、失敗したときの痛手も、並大抵のものではありません。自営業という小さなボートは小回りが利く反面、会社という大型客船ほどは暴風雨に強くないので、ちょっとした波や風ですぐに転覆してしまうかもしれません。

さらに、失敗したときも自己責任です。
会社のプロジェクトで大赤字を出しても、せいぜい地方の営業所に転勤させられるか、出世コースを外れた部署に異動になるくらいのものですが、自営業では、失敗は即座に明日の生活に響いてきます。

ひとによっては、自営業のその自由さにもプレッシャーを感じるかもしれません。
何から何まで自分で決めなくてはいけない事態は、会社勤めの人間には想像しにくいことでしょう。従業員を置かずに自分だけで店を切り盛りする場合、場合によっては土・日・祝日も店に出ていなければなりません。

ハイリスク、ハイリターンな、スリルにあふれた一面を持っているのが、独立自営という生き方なのかもしれません。


このカテゴリー「メリットとデメリット」では、以下のことも知ることができます。